英文音読のメリットって?その④

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、英語の音読学習といえば…!! という、「シャドーイング法」についてご紹介いたします。

こちらは、英語音読学習における「リピーティング法」と似ていて、音声を聞いて発音するというものです。

しかし、違うところは、英語の音声は流したままで、英文のすぐ後に続いてピッタリ追うように影(shadow)のように発音するという点です。

つまり、自分が発音している間にも、英文の音声は流れていくので、かなり集中力が必要な音読法です。

具体的には、下記の流れでシャドウイング練習を行ってみてください。

⑴ 英語の音声を聞く
この際、英語のスクリプトは見ず、音声は普通のネイティブスピーカーが話す程度の速度で2〜3回聴いてみてください!!

⑵ ディクテーション
特にリスニングが苦手な方へのおすすめの学習方法です。
ディクテーションとは、英文スクリプトを見ずに、音声だけを聞いて、その英文を紙に書き取る or タイピングするトレーニングです。
こちらの効果的な方法は、後日改めてお伝えいたします!!
ディクテーションをすることで、それまで自分で聞き取れなかった部分が明確になるので、苦手対策もしやすいです!!

⑶ 発音・アクセントのチェック
続いて、発音・アクセント・イントネーションをチェックします。
自分が正確に発音できる音が増えることで、聞き取れる単語も増えるので徹底的に行ってください!
なお、発音やアクセントの確認は、Oxford Dictionaryやuweblio英和和英辞典などがおすすめです!

⑷精読
ここでは、語彙・文法・分構造の確認をします。
特に、シャドウイングでは、文法と文構造がイマイチよく分からないまま、ひたすら続けても効果は薄いです。

⑸ 英語の音声を聞く
ここまできたら、音声を再度通常速度で聞いてみます。
きっと、始めて聞いた時から、聞く部分・意識する部分・言っていること・フレーズやアクセントを意識しながら内容理解できるのではないでしょうか。

普段、みなさんは英語の勉強において英語をどれくらいはなしていらっしゃいますか?
もし普段ほとんど英語を発する機会がなかったら、ますますその分、シャドーイングの効果が絶大に感じられると思います。

次回は、今回ご紹介した、「シャドウイング」に似ている「リピーティング」についてご説明いたします。

こちらは音読学習の中でも、最も基礎的でよく使われる学習方法です。

ぜひお楽しみに…!!

 

 

英文音読のメリットって?その④

You May Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です