スタッフインタビュー①Yukiさん

みなさんこんにちは!LAB.スタッフのMomokaです。
本日は同じくNagoya Language LoversのスタッフであるYukiさんにインタビューをしてみました!Yukiさんはお仕事で英語を使われており、実際にどのように英語を勉強されているのかも聞いてみました!!

Q1. 英語は今までどのくらいの期間勉強されてきたのですか?

A.2014年から今年で5年目です。
フィリピンに語学留学に行ったのがきっかけで、帰国後も英語力維持のためにオンライン英会話を毎朝受講しています。
1日25分なのですが、今年で5年目なので続けているので現在4万時間を超えています。(添付画像参照)

Q2. ラボに入ろうと思ったきっかけを教えてください!

A. 下記3点です。
・英語を使う仕事を諦めたくなかったこと。
→東京の外資系企業から名古屋の日系企業に転職したため、英語を使う機会を探していました。
・名古屋に友達もおらず、何かしらコミュニティに属したかった。
・どうせ副業をするなら労働集約型であっても社会に貢献できるようなことをしたかった。
→英語を楽しく習得することで、その人の人生をより豊かにすることができるNagoyaLanguageLovers(以下NLL)でなら、私のやりたい社会貢献ができると感じました。

Q3. 仕事で外国人を面接するとかってどういうお仕事なのですか?
なぜ英語を使うお仕事に就かれようと思ったのですか?

A. NLL、本業の介護施設の採用の仕事以外に、海外人材含むエンジニアのリクルーターの仕事をしています。
英語を使う仕事を選んだのは、自分が海外で現地の人達にたくさんお世話になった経験から、日本にいる外国人または、これから日本に来る外国人をサポートすることで恩返ししていきたいという思いがあったからです。
仕事で英語を使う業務として、LinkedInにて英文でスカウトを送るところから母集団形成し、紹介先企業に候補者を紹介する前に自社でSkype面談をする際に英語を使っています。外国の方とはもちろん、英語での面談となります。

Q4. その仕事で英語を使うとどんな点が難しいのですか?また、どんなことを意識していますか?

A. 面談時に、早口な方だったり、おしゃべりでどこで会話を切っていいかわからない方、エンジニアの専門用語を聞き取る点が難しいです。
意識していることは、途中で会話を切って聞き直したり、自分の理解が合っているかを英語で復唱するようにしています。

Q5. リスニング力を重視されているとのことでしたが、スピーキング等はどのように習得されているのですか?

A. リスニングについて:
リスニングスキルを磨くために、毎日通勤中に聞いているのはpodcastの
1. NHK WORLD RADIO JAPAN
2. GLOBAL NEWS PODCAST
です。
NHKの方は日本で馴染みあるニュースなので聞き取れなくてもなんとなく内容理解できます。GNPの方はBritish Englishかな?かなりキビキビした発音なので聞き取りやすいです。

スピーキングについて:
ネイティブの方は私が言いたいことを推測してくれるので意思の疎通が取れていますが、まだまだ言い回しや単語を勉強中です。スピーキングはDMM英会話を毎朝受講しています。今年で5年目です。語学は一気に向上するものではなく、日常生活にルーチン的に組み入れてコツコツ続けることが大事だと実感しています。
楽しくないと続かないので、楽しく学ぶことで向上すると思います。
私は転職活動のときはDMMの先生に面接の練習をしてもらったり、落ち込んでいるときは話を聞いてもらったり、おすすめの洋書・映画を教えてもらったりして日々楽しく学んでいます。

それでも短期間にTOEIC高得点目指している方など、目標がある場合、
英語に触れる環境を自分で作ることが大事だと思います。
お金と時間があれば留学にいけますが、今の生活を保ちながらできることとして、英語のニュースを聞く、英語のニュースを読む、音楽は洋楽を聞く。
Amazon Primeで洋画を見る。など、英語に囲まれる環境は自分で作れます。
一人だとモチベーションが続かない方、ぜひ、NLLに遊びに来てください♡

 

ありがとうございました!!4万1325分Σ(゚д゚lll)!やはり語学を習得するためには地道な努力と自分をどれだけ英語に触れる環境におくかが大事なんですね…!日々の勉強で学んだ表現をOutputしに、ぜひLAB.のイベントもどんどん活用してください!!

そんなイベントに関して、ここで皆様にお知らせです!!

◇朗報!日曜イベントの会場について◇

2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!

時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com

詳細については写真下のURL をご確認ください!皆様のご参加お待ちしてます!

写真:アメリカ モンタナ州 グレーシャー国立公園にて

 

【NEW Location!!】Sunday Language Exchange!! @The Rock Aussie Sports Bar & Grill

Sunday, Apr 7, 2019, 5:30 PM

The Rock Aussie Sports Bar & Grill
Nagoya-shi, Naka-ku, Sakae, 4 Chome−14 Aichi-ken, JP

36 Language Lovers/ランゲージラバーズ Attending

(日本語での説明文は下部にあります。) Hi! Please join us for some fun language and conversation exchange! We are a diverse group with members of all ages and backgrounds. Come make new friends! Click here for more information !! 📷 https://www.instagram.com/languagelab_nagoya/ 【Location 】 The Rock Aussie Sports Bar & Grill Address:〒[masked] 愛知県名古屋市中区栄4-14-6 アスタープラザビル …

Check out this Meetup →

英語は音から学ぶ!②

こんにちは!
LAB. スタッフのMomokaです。

前回は…英語は音かから学ぶ!、特に発音について紹介させていただきました。
今回のテーマは、英語は音から学ぶ!Part2ということで
オススメのPodcast*チャンネルやWebページをいくつかご紹介させていただきます!!

*ネット上にある番組と呼ばれる音声データをパソコンでダウンロードして、iPod等の携帯プレーヤーに取り込んで聞くことが出来る仕組み

① バイリンガルニュース (Podcast)
日本ではなかなか取り上げられないされていますとにかくニュースな内容が面白いのと、英語でニュースが読まれた後に必ず日本語訳が読まれるのですぐに確認する事ができます!

② Voice of America (Podcast&Webページ)
ナチュラルスピードで流れるような普通のニュースを、英語学習者向けに速度を落として放送してくれるコンテンツがたくさん用意されています。こちらは、CNNやBBCなどの英語のニュース番組をスラスラ聞き取れるようになりたい!という方にオススメです。

そしてなんと!スクリプト付きのニュースもネットで配信されています!
https://learningenglish.voanews.com

③ British council (Webページ)
こちらはイギリス英語で、日常でよく使われる表現からビジネスシーンで使われる会話まで幅広く取り上げられています。

https://learnenglish.britishcouncil.org

いかがでしたか?ぜひ気になったものをチェックしてみてください!!
そしてこの機会にお気に入りの音源を見つけて長く楽しく、英語の音に慣れていきましょう!♪

上の写真は韓国 ソウル 望遠商店街にて撮りました!

英語は音から学ぶ!①

初めまして、こんにちは!
LAB. スタッフのMomokaです。
旅行が大好きで、昨年にはアメリカのモンタナ州にある国立公園でアルバイトをしていました!:mount_fuji:

本日は「英語の発音♪」についてです。

突然ですが…皆さんは英語学習を今までどのように行ってきましたか?
日本の学校では一般的に、「読み」→「書き」→「リスニング」という順で学び、「発音」を学校でしっかりと習った記憶すらありません…

私自身、これまで英語を勉強してきて、文法・単語力はついてきたものの、発音が悪く、ネイティブと会話するときにそのせいで萎縮してしまう…なんて事があります。

皆さんはそんな経験はないですか??

そこで今回皆さんにお伝えしたいのが

英語は音から学ぶ!!

という事です。

人は幼い頃、英語に限らず言語を学ぶとき、まずは文字を読むことから始めますか?きっと「ママ」や「パパ」など音を聞いて言語を習得していると思います。

「Good Morning, everyone.」 「I am Ellen Baker.」(実際の中学1年生の英語の教科書から引用)という会話文を読むこと、書くことから始めるのではなく、英語も同様「音」から学習することこそが実は、近道なんです!!

実際にアメリカの小学校の英語の授業でもアルファベットの発音から習っているのです!

注意していただきたいのが、日本で一般的な「エイ、ビー、シー、ディー」というアルファベットの歌ではなく、子音を音楽に乗のせた歌を歌えるようになるところ頃から始まるんだとか!!

その名も「Phonics」とよばれるものです!!

「Phonics Song 2」

このように、英語の綴りと発音の関係を理解する訓練から始まるんですね〜〜!

そしてそんな「Phonics」に特化したウェブ教材もあるので、ご紹介いたします!

① 「Starfall」:初心者向け
https://www.starfall.com/h/

内容はフォニックスが中心で、聞いた音をもとに、選択肢からアルファベットを選んで単語をつくるといった、軽いゲーム感覚のものが多くあります。

② Reading Bear:初心者から上級者向け
http://www.readingbear.org

このReading Bearは特にフォニックスの内容が充実しています。このサイトの良いところは、動画の中でネイティブが発音しているときの口の動かし方を見られることです。
いかがでしたか?ぜひ、一度意識してみてください♪

↓モンタナ州グレーシャー国立公園での一枚

英文音読のメリットって?その⑤〜最終回〜

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、英語の音読、最後のおすすめ学習方法です!!

今回は「リピーティング法」についてご紹介します!

こちらは英語の音読学習の中でも、最も基礎的な学習方法です。

ネイティブのリアルな発音を聞いて、その後に自分がネイティブになったつもりでその音声を真似るというシンプルなものです。

単純な勉強方法ではありますが、リスニング力を向上させるのに非常に有効で、同時通訳者の特訓にも用いられている方法なんですよ〜!

ただ実際にどうやってするの?? という方に。

簡単なのは、よく書店で販売している教材付属のCDですが、おすすめはやっぱりラジオやドラマです。笑

私も極度の飽き性ですが、海外のドラマ(今だとNetflixなんかシーズンものもたくさんあります)だと内容を楽しみながら観れば観るほど英語に耳もなれ発音もしやすいという非常におトクがいっぱいなんです!
海外ドラマだと、日常で使うようなフレーズもたくさんありますし笑

さて、長くなりましたが..以下よりリピーティング方法をご紹介します!

①フレーズ(単語)ごとにきってそれを口に出して繰り返す
1フレーズほど聞いて音声を止めて、それが正確に発音できるまで繰り返します。
たとえば、海外ドラマだと1セリフですね!
発音がこれで合っていると思うまでは、英語翻訳を見てはいけません。
また、音声をただただ繰り返すのではなく、意味を考えながら発音しましょう。
最初はゆっくりで構いません。

②スクリプトを見る
発音がこれで合っているな、と思ったらスクリプトを見ましょう。
発音は近いけど、思っている単語と違った…
そのような、自分の「違った」がまさに弱点なので、弱点を克服することこそが勉強の成果につながります!
スクリプトを見て、単語と意味を確認しましょう。

③聞く長さを伸ばす
1フレーズの練習&確認が終わったら、次は少し長い文章を聞いてみましょう。先ほどの海外ドラマでいくと1会話くらいでしょうか。
長文になると難しいですよね。
ですが、最初から「必ずしも一字一句正確に繰り返さなくても大丈夫」です。
長文になればなるほど、出てくる単語も増えるので、話の内容が掴みやすいです。
だからこそ、繰り返し発音することで意味を推測し単語も推測しましょう!
そうすれば聞こえる単語が知っている単語とつながることも多いです。

最後に…

これまで5回にわたって英語音読学習方法についてお伝えしてきました。
― オーバーラッピング法
― スラッシュリーディング法
― 「Read&Look Up」法
― シャドーイング法
― リピーティング法

いずれも「英語の意味を理解しながら発音する」ことが最大の英語上達のコツです。
意味を理解するために、発音しているということを忘れないでくださいね。
私もよくやってしまった失敗として、とにかく発音を先に習得したい!!と目先のことばかりに必死になって、長文になると結局意味がわからなくなってカタコトな調子で読んでしまうということがありました..
フレーズごとに、どこで意味が切れてまとまっているか、意識してみてください!

それでは、次回以降はまた新しいテーマで英語学習についてお伝えします!

下の写真はマカオで撮られたものです!マカオはカジノで有名ですが、こういう落ち着いた場所も綺麗で良いですね!

英文音読のメリットって?その④

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、英語の音読学習といえば…!! という、「シャドーイング法」についてご紹介いたします。

こちらは、英語音読学習における「リピーティング法」と似ていて、音声を聞いて発音するというものです。

しかし、違うところは、英語の音声は流したままで、英文のすぐ後に続いてピッタリ追うように影(shadow)のように発音するという点です。

つまり、自分が発音している間にも、英文の音声は流れていくので、かなり集中力が必要な音読法です。

具体的には、下記の流れでシャドウイング練習を行ってみてください。

⑴ 英語の音声を聞く
この際、英語のスクリプトは見ず、音声は普通のネイティブスピーカーが話す程度の速度で2〜3回聴いてみてください!!

⑵ ディクテーション
特にリスニングが苦手な方へのおすすめの学習方法です。
ディクテーションとは、英文スクリプトを見ずに、音声だけを聞いて、その英文を紙に書き取る or タイピングするトレーニングです。
こちらの効果的な方法は、後日改めてお伝えいたします!!
ディクテーションをすることで、それまで自分で聞き取れなかった部分が明確になるので、苦手対策もしやすいです!!

⑶ 発音・アクセントのチェック
続いて、発音・アクセント・イントネーションをチェックします。
自分が正確に発音できる音が増えることで、聞き取れる単語も増えるので徹底的に行ってください!
なお、発音やアクセントの確認は、Oxford Dictionaryやuweblio英和和英辞典などがおすすめです!

⑷精読
ここでは、語彙・文法・分構造の確認をします。
特に、シャドウイングでは、文法と文構造がイマイチよく分からないまま、ひたすら続けても効果は薄いです。

⑸ 英語の音声を聞く
ここまできたら、音声を再度通常速度で聞いてみます。
きっと、始めて聞いた時から、聞く部分・意識する部分・言っていること・フレーズやアクセントを意識しながら内容理解できるのではないでしょうか。

普段、みなさんは英語の勉強において英語をどれくらいはなしていらっしゃいますか?
もし普段ほとんど英語を発する機会がなかったら、ますますその分、シャドーイングの効果が絶大に感じられると思います。

次回は、今回ご紹介した、「シャドウイング」に似ている「リピーティング」についてご説明いたします。

こちらは音読学習の中でも、最も基礎的でよく使われる学習方法です。

ぜひお楽しみに…!!