スタッフインタビュー⑤Momoka

題:あなたは大丈夫?シャドーウィングの落とし穴

みなさんこんにちは!LAB. スタッフのMomoka です!

突然ですが、みなさんは英語を勉強するにあたって一番重視している力はなんですか?
今回は特にスピーキング、リスニング力を伸ばしたい!という方のために改めてシャドーウィングについて紹介をさせていただくとともに、陥りがちな失敗やオススメの教材についてもご紹介させていただきます。

シャドーウィング(shadowing)とは…音を聞くとほぼ同時に発声することを言う。遅れは、大きくても0.2秒程度、なるべく遅れないように発する必要がある。意味の解釈に注意を払う必要はなく、正確に素早く、聞いた音を反復することに注力する。(Wikipediaより)

なにやら難しいですが、簡単に言うと「影のように流れてくる音声をひたすら追っかけて発音する」ということです!

ではシャドーウィング法でよく陥りがちな落とし穴はなんでしょうか??

①使用している教材の語彙レベルがマッチしていない

自分の知っている単語以外が流れてきたときに追いつけず、部分的にしか発声が出来なくなってしまっては、
大事な「英語のイントネーションや、会話のスピードに慣れる」と言う目的を達成できません。
また、シャドーウィングの最終目的はリスニング、スピーキングをしながら同時に意味を理解することです。
あまりにも難しい語彙が使われていたり、知らない単語がいくつも出てくる教材から取り組むのは危険かもしれません。

②音声スピードを上げている

これは実際に私も陥っていたのですが(笑)お手本の音声のスピードが速すぎて、慣れるために通常より1.5倍速、2倍速にして発声してしまっていました。しかし、実際にスピーキング力を上げると言うところにフォーカスをするのなら、聞き取りづらい早口なスピードで発声してもかえって不自然になってしまいます。

③教材が適切でない
例えばカジュアルな感じで会話できるスピーキング力を伸ばしたい!と思っているのに、シャドーウィングの教材にビジネスシーンやかしこまった文章ばかりのものを選んでしまっていませんか?逆にTOEICのリスニングの点数を上げたいのにビジネスシーンとは関係ない題材のシャドーウィングをしていませんか?自分の目的にあった教材を選ぶことが何よりも大事です!TOEICの方はTOEICのリスニングを、普段の会話力を伸ばしたい方は個人的にお薦めなのが「ディズニーの英語 シリーズ」です。ハリウッド映画のようにアクションシーンは多くなく、スラングや少し汚い言葉も出てこないのでオススメですよ♪

いかがでしたか??シャドーウィングに限らず勉強法について一度振り返る機会を設けるといいかもしれませんね!
それではまたお会いしましょう〜!

◇朗報!日曜イベントの会場について◇
2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!
時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com

 

皆様のご参加お待ちしてます!
The Rock Aussie Sports Bar & Grill
Aussie Sports Bar & Restaurant – Nagoya & Kobe
Australian Sports Bar & Grill serving up Aussie cuisine and original international dishes. A wide selection of Australian beers, wines and spirits.
secure.meetup.com

タイでの一枚

スタッフインタビュー④ Satokoさん

こんにちは!LAB.スタッフのMomokaです!本日は皆様お待ちかねのスタッフインタビュー第四弾!!!をお送りいたします。今回はSatokoさんにお話をお聞きしました(^_^)

Q.1ラボのスタッフになろうと思ったきっかけはなんですか?

A.英語を使う場所がほしい。アウトプットできる環境に身を置きたい。自分の仕事場以外にも色々な人と出会いたい。と思ったからです。

Q.2英語を勉強しようと思ったきっかけはなんですか?

A.最先端の医療や技術を学びたい。そして、その専門家に質問やコミュニケーションを最低限でも取れるようにしたいと思ったから。

Q.3留学経験などがありましたら、印象的なエピソードや困難だったことを教えてください!

A.留学はしたことはありません。仕事や旅行で海外に行った時に、色々な方の英語を聞いていて思った事が、
発音や文法はもちろん大切ですが、それ以上に、「何を話すか」がどう話すかよりも大事である。案外、簡単な言葉ばかりを並べても内容があれば面白いことが言える。と思いました。ネイティブの方の英語は早くて綺麗ですが、案外そうでない方は聞き取りやすくお互いが相手を考えて話すこともあり、話しやすいと感じました。

Q.4英語を学び続けられる秘訣はなんですか?どのようにモチベーションを維持していますか?

A.英語の目標だけではなくて、仕事やプライベートでも良いのですが、常に目的を持つことだと考えています。自分は今は2020年の東京オリンピックで理学療法士として働くために英語をちゃんと使えるようにならなきゃと今は思っています。あとは、仲間かなと思います。大学時代の仲間が海外で頑張っているのを見ると刺激を受けます。困った時は、アマゾンプライムで映画を見てあげています。

Q.5ご自身の英語力を活かしてどのようなことをしていますか?(もしくは今後していきたいと思っていますか?)

A.まずは、ラボで同じように日本に海外から来て生活をしている方が日本の良さに触れていただから機会を作りたいと思います。そして、英語というコミュニケーション能力と専門家としての能力を同時に高めていき、世界中の仲間と理学療法という素晴らしい技術を改革できたらという大きな夢を持っています。そして、おばあさんになったら小さな居酒屋兼ゲストハウスを作って、いろんな友達とワイワイしたいです。

ありがとうございました!!

「『何を話すか』がどう話すかよりも大事」
というところに共感される方も多いのではないでしょうか?

発音や文法に捉われすぎることなく、「伝えたいことを相手にわかりやすく伝える」という、英語にかかわらず日本語の会話においても大切なシンプルなことを再認識できました♩

さて!次回はどなたが登場するのでしょうか?お楽しみに♩

◇朗報!日曜イベントの会場について◇

2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!

時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com

詳細については写真下のURL をご確認ください!皆様のご参加お待ちしてます!
The Rock Aussie Sports Bar & Grill
Aussie Sports Bar & Restaurant – Nagoya & Kobe
Australian Sports Bar & Grill serving up Aussie cuisine and original international dishes. A wide selection of Australian beers, wines and spirits.

アメリカ モンタナ州 での一枚

スタッフインタビュー③ Annaさん

こんにちは!LAB.スタッフのMomokaです!本日はスタッフインタビュー第三弾!!をお送りいたします。今回は同じくスタッフのAnnaさんにお話をお聞きしました♪

Q.1 ラボのスタッフになろうと思ったきっかけはなんですか?

  1. 自身のアメリカの経験を活かして、日本で何か出来ないかなと模索していた時にLanguage Labさんのサイトを見たのが始まりです。その後運営者の榊原さんとお話させていただき、『皆が安心して集まれるコミュニティ作り』など、共感できる部分が多かったのがきっかけです。

Q.2 英語を勉強しようと思ったきっかけはなんですか?

  1. 父の影響もあり、小さい頃から英語に興味がありました。それに加え、小学生の頃に読んだアンネフランクの日記に影響を受け、『将来は世界各国の平和を手助けしたい』という漠然の想いと同時に、英語の大切さを感じるように。父がアメリカに住んでいることもあり、『せっかくだから現地の英語を学んでみようかな』と中学三年生で思い立ったのがきっかけでした。最初は数年で帰国する予定が、その後11年も居ることに。。。その後、自分のキャリアとしては全く違う道に進んでいますが、アメリカで得た経験は本当にかけがえのないものとなってます!

Q.3 留学経験などがありましたら、印象的なエピソードや困難だったことを教えてください!

  1. 渡米当初は日本の中学校で学んだ程度の英語しか出来ず、辛い日々が多かったし、『本当にこれで良かったのかな』と後悔する日も多々あります。一番最初のカルチャーショックは今でも覚えています。とりあえず何もかもが大きい(笑)道も、建物も、人も、教科書までも!

今となっては大好きなカルチャーの一つなのですが、アメリカ人の方はフレンドリーな方も多く、皆さん知らない人に対してもよく喋る。渡米当初は、スーパーに行ってもレジのおばちゃんがいろいろ会話してくる。それに対して何を言ってるかわからず、笑顔で返すので精一杯。そんな日々が長く続きました。こういうたわいない会話が一番困難だったし、緊張した覚えがあります。

Q.4 英語を学び続けられる秘訣はなんですか?どのようにモチベーションを維持していますか?

  1. 海外ドラマを見たり海外の曲を聴くなど、とにかく英語を身の回りに置いておくこと!留学が出来なくても、海外旅行に行ってみたりすることによってモチベーションはあげれると思います!そしてLanguage Labで実際に英語に興味がある仲間に会えるのは良い刺激になると思います:sparkles:

Q.5 ご自身の英語力を活かしてどのようなことをしていますか?

  1. 現職は外資企業の財務部門に所属しながらエンジニアの方々のプロジェクトなどを管理する仕事をしています。

外資企業ともあり、アメリカやドイツのチームと話することが多いのですが、やはり様々なカルチャーを持っている方々と英語を通して意思疎通できるのは助かっています。

ありがとうございました!
『たわいない会話が一番困難だったし、緊張した覚えがあります。』という点、私自身もすごく共感できます!
フォーマルな場よりも砕けた場での会話の方がなぜか言葉が出てこない…そんなことを感じたことのある方もいらっしゃるかもしれません……

そんな場合は!ラボのイベントをぜひ活用してくださいね(^o^)

◇朗報!日曜イベントの会場について◇

2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!

時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com

詳細については写真下のURL をご確認ください!皆様のご参加お待ちしてます!
The Rock Aussie Sports Bar & Grill
Aussie Sports Bar & Restaurant – Nagoya & Kobe
Australian Sports Bar & Grill serving up Aussie cuisine and original international dishes. A wide selection of Australian beers, wines and spirits.

上は、あんなさんがアメリカでフットボール観戦したときの写真だそうです!

それでは、次回の投稿もどうぞお楽しみに!!

スタッフインタビュー②

こんにちは!LAB.スタッフのMomokaです!本日は前回に引き続きスタッフインタビューをお送りいたします!

本日はカナダにワーキングホリデーに行かれていたスタッフの方にお話をお伺いしました!

Q.1ラボに入ろうと思ったきっかけを教えてください!

A.ワーホリから帰ってきて、英語を使う機会を確保したいと思い、レッスンやイベント運営をしてるラボを見つけたのがきっかけです。

Q.2ワーキングホリデーに行こうと思ったきっかけはなんですか?

A.大学時代から海外に漠然と興味があったものの行く機会を逃し、東京オリンピックが決まったこともあり、やはり一度は海外で生活してみたいと思ったのがきっかけです。

Q.3現地でどのような職業に就かれていたのですか?期間はどのくらいですか?

A.ジャパレス計5ヶ月、カフェ6ヶ月の掛け持ちでした!

Q.4実際に現地で働いて、困難だったことや、予想もしていなかった新たな発見はありましたか?

A.オーダーを取るときに聞き取れなかったり、オーダー以外のことを言われた時に理解できないことが何度かありました。あとは、ブラジル人の同僚が何人かいましたが、比較的まじめなタイプの人たちだったので、ラテン系の人は雑だというイメージがいい意味で変わりました。

Q.5英語に関しては、渡航前、滞在中、渡航後どのように勉強されていましたか?ワーホリの 経験を通して英語に対して意識が変わることはありましたか?

A.渡航前の2ヶ月くらいで、学生時代の参考書を使って文法の復習と発音の練習をしました。滞在中は始め5ヶ月間語学学校に通って主にスピーキングを勉強しました。卒業後も自主学習としてドラマや洋楽で勉強したり、時間があるときはMeetupや図書館で開催される無料英語レッスンに参加してました。帰国直後の2ヶ月くらいはTOEIC中心の勉強をしてました。
英語に対する意識は、やはりアウトプットが大切なのと、リスニングとスピーキングどちらに対しても発音が結構重要だと思いました。

Q.6今後、英語力を活かしてどんなことをされますか?

A.オリンピックボランティア、英語を常に使う仕事に就く(国際的なスポーツ関係の仕事に就けたらなと思ってます)

ありがとうございました!(*゚▽゚*)私自身もワーホリ経験があるのですが、日本に比べてルーズかと思いきやむしろすごく厳しくてカルチャーショックを受けました(笑)

いかがでしたでしょうか?次回はどなたが登場されるのでしょう〜お楽しみに♪

そんなイベントに関して、ここで皆様にお知らせです!!
◇朗報!日曜イベントの会場について◇
2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!
時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com
詳細については写真下のURL をご確認ください!皆様のご参加お待ちしてます!

アメリカ ハイキングでの一枚

スタッフインタビュー①Yukiさん

みなさんこんにちは!LAB.スタッフのMomokaです。
本日は同じくNagoya Language LoversのスタッフであるYukiさんにインタビューをしてみました!Yukiさんはお仕事で英語を使われており、実際にどのように英語を勉強されているのかも聞いてみました!!

Q1. 英語は今までどのくらいの期間勉強されてきたのですか?

A.2014年から今年で5年目です。
フィリピンに語学留学に行ったのがきっかけで、帰国後も英語力維持のためにオンライン英会話を毎朝受講しています。
1日25分なのですが、今年で5年目なので続けているので現在4万時間を超えています。(添付画像参照)

Q2. ラボに入ろうと思ったきっかけを教えてください!

A. 下記3点です。
・英語を使う仕事を諦めたくなかったこと。
→東京の外資系企業から名古屋の日系企業に転職したため、英語を使う機会を探していました。
・名古屋に友達もおらず、何かしらコミュニティに属したかった。
・どうせ副業をするなら労働集約型であっても社会に貢献できるようなことをしたかった。
→英語を楽しく習得することで、その人の人生をより豊かにすることができるNagoyaLanguageLovers(以下NLL)でなら、私のやりたい社会貢献ができると感じました。

Q3. 仕事で外国人を面接するとかってどういうお仕事なのですか?
なぜ英語を使うお仕事に就かれようと思ったのですか?

A. NLL、本業の介護施設の採用の仕事以外に、海外人材含むエンジニアのリクルーターの仕事をしています。
英語を使う仕事を選んだのは、自分が海外で現地の人達にたくさんお世話になった経験から、日本にいる外国人または、これから日本に来る外国人をサポートすることで恩返ししていきたいという思いがあったからです。
仕事で英語を使う業務として、LinkedInにて英文でスカウトを送るところから母集団形成し、紹介先企業に候補者を紹介する前に自社でSkype面談をする際に英語を使っています。外国の方とはもちろん、英語での面談となります。

Q4. その仕事で英語を使うとどんな点が難しいのですか?また、どんなことを意識していますか?

A. 面談時に、早口な方だったり、おしゃべりでどこで会話を切っていいかわからない方、エンジニアの専門用語を聞き取る点が難しいです。
意識していることは、途中で会話を切って聞き直したり、自分の理解が合っているかを英語で復唱するようにしています。

Q5. リスニング力を重視されているとのことでしたが、スピーキング等はどのように習得されているのですか?

A. リスニングについて:
リスニングスキルを磨くために、毎日通勤中に聞いているのはpodcastの
1. NHK WORLD RADIO JAPAN
2. GLOBAL NEWS PODCAST
です。
NHKの方は日本で馴染みあるニュースなので聞き取れなくてもなんとなく内容理解できます。GNPの方はBritish Englishかな?かなりキビキビした発音なので聞き取りやすいです。

スピーキングについて:
ネイティブの方は私が言いたいことを推測してくれるので意思の疎通が取れていますが、まだまだ言い回しや単語を勉強中です。スピーキングはDMM英会話を毎朝受講しています。今年で5年目です。語学は一気に向上するものではなく、日常生活にルーチン的に組み入れてコツコツ続けることが大事だと実感しています。
楽しくないと続かないので、楽しく学ぶことで向上すると思います。
私は転職活動のときはDMMの先生に面接の練習をしてもらったり、落ち込んでいるときは話を聞いてもらったり、おすすめの洋書・映画を教えてもらったりして日々楽しく学んでいます。

それでも短期間にTOEIC高得点目指している方など、目標がある場合、
英語に触れる環境を自分で作ることが大事だと思います。
お金と時間があれば留学にいけますが、今の生活を保ちながらできることとして、英語のニュースを聞く、英語のニュースを読む、音楽は洋楽を聞く。
Amazon Primeで洋画を見る。など、英語に囲まれる環境は自分で作れます。
一人だとモチベーションが続かない方、ぜひ、NLLに遊びに来てください♡

 

ありがとうございました!!4万1325分Σ(゚д゚lll)!やはり語学を習得するためには地道な努力と自分をどれだけ英語に触れる環境におくかが大事なんですね…!日々の勉強で学んだ表現をOutputしに、ぜひLAB.のイベントもどんどん活用してください!!

そんなイベントに関して、ここで皆様にお知らせです!!

◇朗報!日曜イベントの会場について◇

2019年4月より、バーで行うLanguage Exchangeイベントが帰ってきます!
新たにThe Rock Aussie Sports Bar & Grillさんにご協力頂き、日曜日のLanguage Exchangeイベントを再スタートすることになりました!

時間:17:30〜19:45
軽食:有
会場:The Rock Aussie Sports Bar & Grill
HP:https://www.therockjapan.com

詳細については写真下のURL をご確認ください!皆様のご参加お待ちしてます!

写真:アメリカ モンタナ州 グレーシャー国立公園にて

 

【NEW Location!!】Sunday Language Exchange!! @The Rock Aussie Sports Bar & Grill

Sunday, Apr 7, 2019, 5:30 PM

The Rock Aussie Sports Bar & Grill
Nagoya-shi, Naka-ku, Sakae, 4 Chome−14 Aichi-ken, JP

36 Language Lovers/ランゲージラバーズ Attending

(日本語での説明文は下部にあります。) Hi! Please join us for some fun language and conversation exchange! We are a diverse group with members of all ages and backgrounds. Come make new friends! Click here for more information !! 📷 https://www.instagram.com/languagelab_nagoya/ 【Location 】 The Rock Aussie Sports Bar & Grill Address:〒[masked] 愛知県名古屋市中区栄4-14-6 アスタープラザビル …

Check out this Meetup →

英語は音から学ぶ!②

こんにちは!
LAB. スタッフのMomokaです。

前回は…英語は音かから学ぶ!、特に発音について紹介させていただきました。
今回のテーマは、英語は音から学ぶ!Part2ということで
オススメのPodcast*チャンネルやWebページをいくつかご紹介させていただきます!!

*ネット上にある番組と呼ばれる音声データをパソコンでダウンロードして、iPod等の携帯プレーヤーに取り込んで聞くことが出来る仕組み

① バイリンガルニュース (Podcast)
日本ではなかなか取り上げられないされていますとにかくニュースな内容が面白いのと、英語でニュースが読まれた後に必ず日本語訳が読まれるのですぐに確認する事ができます!

② Voice of America (Podcast&Webページ)
ナチュラルスピードで流れるような普通のニュースを、英語学習者向けに速度を落として放送してくれるコンテンツがたくさん用意されています。こちらは、CNNやBBCなどの英語のニュース番組をスラスラ聞き取れるようになりたい!という方にオススメです。

そしてなんと!スクリプト付きのニュースもネットで配信されています!
https://learningenglish.voanews.com

③ British council (Webページ)
こちらはイギリス英語で、日常でよく使われる表現からビジネスシーンで使われる会話まで幅広く取り上げられています。

https://learnenglish.britishcouncil.org

いかがでしたか?ぜひ気になったものをチェックしてみてください!!
そしてこの機会にお気に入りの音源を見つけて長く楽しく、英語の音に慣れていきましょう!♪

上の写真は韓国 ソウル 望遠商店街にて撮りました!

英語は音から学ぶ!①

初めまして、こんにちは!
LAB. スタッフのMomokaです。
旅行が大好きで、昨年にはアメリカのモンタナ州にある国立公園でアルバイトをしていました!:mount_fuji:

本日は「英語の発音♪」についてです。

突然ですが…皆さんは英語学習を今までどのように行ってきましたか?
日本の学校では一般的に、「読み」→「書き」→「リスニング」という順で学び、「発音」を学校でしっかりと習った記憶すらありません…

私自身、これまで英語を勉強してきて、文法・単語力はついてきたものの、発音が悪く、ネイティブと会話するときにそのせいで萎縮してしまう…なんて事があります。

皆さんはそんな経験はないですか??

そこで今回皆さんにお伝えしたいのが

英語は音から学ぶ!!

という事です。

人は幼い頃、英語に限らず言語を学ぶとき、まずは文字を読むことから始めますか?きっと「ママ」や「パパ」など音を聞いて言語を習得していると思います。

「Good Morning, everyone.」 「I am Ellen Baker.」(実際の中学1年生の英語の教科書から引用)という会話文を読むこと、書くことから始めるのではなく、英語も同様「音」から学習することこそが実は、近道なんです!!

実際にアメリカの小学校の英語の授業でもアルファベットの発音から習っているのです!

注意していただきたいのが、日本で一般的な「エイ、ビー、シー、ディー」というアルファベットの歌ではなく、子音を音楽に乗のせた歌を歌えるようになるところ頃から始まるんだとか!!

その名も「Phonics」とよばれるものです!!

「Phonics Song 2」

このように、英語の綴りと発音の関係を理解する訓練から始まるんですね〜〜!

そしてそんな「Phonics」に特化したウェブ教材もあるので、ご紹介いたします!

① 「Starfall」:初心者向け
https://www.starfall.com/h/

内容はフォニックスが中心で、聞いた音をもとに、選択肢からアルファベットを選んで単語をつくるといった、軽いゲーム感覚のものが多くあります。

② Reading Bear:初心者から上級者向け
http://www.readingbear.org

このReading Bearは特にフォニックスの内容が充実しています。このサイトの良いところは、動画の中でネイティブが発音しているときの口の動かし方を見られることです。
いかがでしたか?ぜひ、一度意識してみてください♪

↓モンタナ州グレーシャー国立公園での一枚

英文音読のメリットって?その⑤〜最終回〜

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、英語の音読、最後のおすすめ学習方法です!!

今回は「リピーティング法」についてご紹介します!

こちらは英語の音読学習の中でも、最も基礎的な学習方法です。

ネイティブのリアルな発音を聞いて、その後に自分がネイティブになったつもりでその音声を真似るというシンプルなものです。

単純な勉強方法ではありますが、リスニング力を向上させるのに非常に有効で、同時通訳者の特訓にも用いられている方法なんですよ〜!

ただ実際にどうやってするの?? という方に。

簡単なのは、よく書店で販売している教材付属のCDですが、おすすめはやっぱりラジオやドラマです。笑

私も極度の飽き性ですが、海外のドラマ(今だとNetflixなんかシーズンものもたくさんあります)だと内容を楽しみながら観れば観るほど英語に耳もなれ発音もしやすいという非常におトクがいっぱいなんです!
海外ドラマだと、日常で使うようなフレーズもたくさんありますし笑

さて、長くなりましたが..以下よりリピーティング方法をご紹介します!

①フレーズ(単語)ごとにきってそれを口に出して繰り返す
1フレーズほど聞いて音声を止めて、それが正確に発音できるまで繰り返します。
たとえば、海外ドラマだと1セリフですね!
発音がこれで合っていると思うまでは、英語翻訳を見てはいけません。
また、音声をただただ繰り返すのではなく、意味を考えながら発音しましょう。
最初はゆっくりで構いません。

②スクリプトを見る
発音がこれで合っているな、と思ったらスクリプトを見ましょう。
発音は近いけど、思っている単語と違った…
そのような、自分の「違った」がまさに弱点なので、弱点を克服することこそが勉強の成果につながります!
スクリプトを見て、単語と意味を確認しましょう。

③聞く長さを伸ばす
1フレーズの練習&確認が終わったら、次は少し長い文章を聞いてみましょう。先ほどの海外ドラマでいくと1会話くらいでしょうか。
長文になると難しいですよね。
ですが、最初から「必ずしも一字一句正確に繰り返さなくても大丈夫」です。
長文になればなるほど、出てくる単語も増えるので、話の内容が掴みやすいです。
だからこそ、繰り返し発音することで意味を推測し単語も推測しましょう!
そうすれば聞こえる単語が知っている単語とつながることも多いです。

最後に…

これまで5回にわたって英語音読学習方法についてお伝えしてきました。
― オーバーラッピング法
― スラッシュリーディング法
― 「Read&Look Up」法
― シャドーイング法
― リピーティング法

いずれも「英語の意味を理解しながら発音する」ことが最大の英語上達のコツです。
意味を理解するために、発音しているということを忘れないでくださいね。
私もよくやってしまった失敗として、とにかく発音を先に習得したい!!と目先のことばかりに必死になって、長文になると結局意味がわからなくなってカタコトな調子で読んでしまうということがありました..
フレーズごとに、どこで意味が切れてまとまっているか、意識してみてください!

それでは、次回以降はまた新しいテーマで英語学習についてお伝えします!

下の写真はマカオで撮られたものです!マカオはカジノで有名ですが、こういう落ち着いた場所も綺麗で良いですね!

英文音読のメリットって?その④

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、英語の音読学習といえば…!! という、「シャドーイング法」についてご紹介いたします。

こちらは、英語音読学習における「リピーティング法」と似ていて、音声を聞いて発音するというものです。

しかし、違うところは、英語の音声は流したままで、英文のすぐ後に続いてピッタリ追うように影(shadow)のように発音するという点です。

つまり、自分が発音している間にも、英文の音声は流れていくので、かなり集中力が必要な音読法です。

具体的には、下記の流れでシャドウイング練習を行ってみてください。

⑴ 英語の音声を聞く
この際、英語のスクリプトは見ず、音声は普通のネイティブスピーカーが話す程度の速度で2〜3回聴いてみてください!!

⑵ ディクテーション
特にリスニングが苦手な方へのおすすめの学習方法です。
ディクテーションとは、英文スクリプトを見ずに、音声だけを聞いて、その英文を紙に書き取る or タイピングするトレーニングです。
こちらの効果的な方法は、後日改めてお伝えいたします!!
ディクテーションをすることで、それまで自分で聞き取れなかった部分が明確になるので、苦手対策もしやすいです!!

⑶ 発音・アクセントのチェック
続いて、発音・アクセント・イントネーションをチェックします。
自分が正確に発音できる音が増えることで、聞き取れる単語も増えるので徹底的に行ってください!
なお、発音やアクセントの確認は、Oxford Dictionaryやuweblio英和和英辞典などがおすすめです!

⑷精読
ここでは、語彙・文法・分構造の確認をします。
特に、シャドウイングでは、文法と文構造がイマイチよく分からないまま、ひたすら続けても効果は薄いです。

⑸ 英語の音声を聞く
ここまできたら、音声を再度通常速度で聞いてみます。
きっと、始めて聞いた時から、聞く部分・意識する部分・言っていること・フレーズやアクセントを意識しながら内容理解できるのではないでしょうか。

普段、みなさんは英語の勉強において英語をどれくらいはなしていらっしゃいますか?
もし普段ほとんど英語を発する機会がなかったら、ますますその分、シャドーイングの効果が絶大に感じられると思います。

次回は、今回ご紹介した、「シャドウイング」に似ている「リピーティング」についてご説明いたします。

こちらは音読学習の中でも、最も基礎的でよく使われる学習方法です。

ぜひお楽しみに…!!

 

 

英文音読のメリットって?その③

みなさんこんにちは!
LAB.スタッフのShioriです!
本日は、「Read&Look Up法」という英語学習方法をご紹介致します!

こちらの「Read&Look Up法」は、アウトプットに注力した英語の語彙や文法の音読学習です。

「1文(または1フレーズ)を黙読し、その後顔を上げて黙読した文章またはフレーズを音読する」というものです。

普通の音読とは少し違って、中上級レベルです。

さっそく以下の例文を見てみましょう。
1回目の音読で覚え、2回目の音読で文章を見ずに音読してみましょう。


My mother made breakfast while I was brushing my teeth.


I go to English conversation school once a week because I need to speak English in my work place. My English is getting better and better. My goal is work abroad using English.

いかがでしょうか。
⑴の英文をやさしいなと感じた人も、⑵の英文は少し手応えを感じたのではないでしょうか。

英文の意味や文法が分からないと、覚えることが難しいですよね。
ですが、逆に言うとこの英語音読学習法は英文の理解につながる学習方法です。

そこで、このRead&Look Up法でのコツをお伝えします!
そもそも、このRead&Look Up法では、英文の意味や文法構造を理解しながら行うことが大切です。

私自身も、よくやってしまったこととして、ただただ意味の分からない文字や音声の羅列をひたすら覚える…というのは良くありません。

そのため、コツとして、
長文は小さい単位に分解し、覚えやすいように・発音を意識しながら音読する ということが効果的です!

例えば先ほどの⑵の長文ですと、以下のように分解できます。

I go to English conversation school
「私は英会話学校に通っている」

once a week
「週に1回」

because I need to speak English英文音読のメリットって?その③
「なぜなら私は英語を話す必要があるから」

in my work place.
「仕事(場)で」

My English is getting better and better.
「私の英語はだんだん上達しています」

My goal is work abroad
「目標は海外で働くことです」

using English.
「英語を使って」

どうでしょうか。
少し分解しただけで、非常に覚えやすくなったのではないでしょうか。
また、語順など文法もきちんと整理され、文字を見なくても音読しやすくありませんか?

Read&Look Up法では、
①誰が ②誰に対して ③どんな状況で を意識しながら読むことが大切です。

本日ご紹介したRead&Look Up法は少し難しいですが、日頃頑張っている分の腕試しにも、ちょっとした気分転換にも、ぜひチャレンジしてみてください!

次回は、音読学習といえば…!! といった英語音読学習方法についてご紹介します!
今回のRead&Look Up法よりもちょっと簡単なので、ぜひお楽しみに!